2011年09月18日

唐揚げとは

言葉にはいろんな定義の程度がある。
言葉通りの定義もあれば、独自の解釈が含まれつつも心にすっぽり落ちてくるものもある。
「オレオレ定義」なんて言われたりする、狭い心から生まれるものもある。

「机とは」ってお題に対して「本を読んだり、文字を書いたりするための台」って答えだと、「まあ、そうかな」なんて思うけれど、
「知性を殴打する万華鏡」とか「地をはうイリーガル名刺交換」とか言われると、「ねえ、それって定義?」って言いたくなる。
そんな定義聞いたことないから、平和ですよね、いや、全く。

そう、たまの更新でも、このブログは支離滅裂。

ちなみに、このブログの立ち位置は、どこでもない。
たまには、上手に「○○とは、デザインの中に生まれる微分方程式の特異解」とかそんなことを言ってみたい。

「立ち位置がない」とは言いつつも、「良い定義だ」と感じる基準はあるようだ。
今回、たまらない定義を見つけた。「唐揚げ」の。
何がたまらないか、というと、それは僕の辞書には(辞書なんかじゃないけど)、決定的に欠けている要素なんだけど。

一言で言うと、「愛」

下記のリンクを見てほしい。
唐揚げとは|日本唐揚協会
唐揚げとは、食べると幸せになる食べ物です。


注意すべき点は「唐揚げは、食べると幸せになる食べ物です。」となっていないところ。あくまで「唐揚げとは」
ちなみに、ちゃんとした定義のページもある。
唐揚げの定義|唐揚げとは|日本唐揚協会

でも、僕は前者のページの方が良いと思うのです。
たとえ、「食べると幸せになるからカレーも唐揚げなの?」なんて言ってくる無粋な輩が、世の中の大半を占めたとしても。
より強い愛が感じられるから。

全ての言葉は、それを愛している人が定義すればいい。
そうすれば、世界はもう一段階平和になるだろう。
真面目に読めば読むほど、笑えるのもポイント高いし。



タグ:新解釈
posted by MoThy at 17:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | カ行

2009年06月26日

TASKとは

またしても、やってくれましたよ、『地球人ネットワークを創るアルク:スペースアルク』が。「やってくれました」って、僕にネタを提供してくれたってだけなんですけどね。

ちなみに前回のアルクネタは『辞書なんかじゃないやい: 脳内核酸とは』に書いた"脳内核酸"です。この言葉、けっこうな人たちが検索していらっしゃいますな。さすが、皆大好き、偽科学。

で、今日は、TASKですよ。さて、早速アルクのページでTASKを調べてみましょうか…
“task”の検索結果(1025 件):英辞郎 on the Web:スペースアルク
【名】
1. 〔与えられた〕任務、課題
2. 〔つらい〕仕事、職務
…(以下略)

普通です。この辺りまでは。
しかし、次がおかしい。
TASK
【略】
1. =Railroad Safety Promotion Conference
鉄道安全推進会議◆[URL]http://www.task******
…(URL伏せました)

「"Railroad Safety Promotion Conference"、略して…TASK!!」…んな訳あるかい。(ちなみに、URLの先はかなり怪しげなページなので、勝手に伏せてみました。逝かれる方は、自己責任でお願い致します。)

天才的に勘の良い人なら、何が起こったか気づいただろう。つまり、元々数少ないこのブログの読者の皆様方は、まだ何も気付いていらっしゃらないはず(失礼な僕なんて爆発すればいいですね)

これ、ただのミスじゃなくて、実はかなりひねくれたミスなんです。

TETSUDOU = Railroad
ANZEN = Safety
SUISHIN = Promotion
KAIGI = Conference

分かりました?実は、これ日本語です。少なくとも「"Railroad Safety Promotion Conference"略して…TASK!!」じゃあない。どちらかというと、「『鉄道安全推進会議』小学生的変換…TASK!!」くらいのが近い。しかも。

鉄道安全推進会議ホームページ

これがTASKの正しいホームページ。間違ってますよ、アルクさん!
正しいURLは、http://www.tasksafety.jp/
さっきの怪しい奴は、最後の"jp"の代わりに"org"だったんですよね。
URLが変わったのかもしれませんし、"org"のアドレスを現在使っている人が悪意を発揮したのかもしれませんが…。頑張れ、アルクさん。

そもそも"tasksafety"って『鉄道安全推進会議の安全』みたいでおかしくね?とか考え出すと、ちょっと、どういうツッコミが正しいのか分からないくらい、混乱してきますな。

さらに、自分から進んで混乱に飛び込んでみよう。
『英和辞典で、ある英単語を検索すると、日本語を教えてくれた』
…こう言うと正しい!不思議!!

ちょっと頑張ってみると…
『英和辞典なのに日本語の意味を教えてくれた。偽の情報に負けなかった人にだけ、英語を使って凄く遠回しに教えてくれた。』
これって、正しい?…ああ、いい具合に混乱してきた。

とにかく、まとめよう。

TASKとは、ふいにやってきた言葉の意味を解き明かす任務だ。

ってか、この人たちは何を思って英語の名前用意したんだろ?



posted by MoThy at 00:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | S-Z
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。