2011年09月18日

唐揚げとは

言葉にはいろんな定義の程度がある。
言葉通りの定義もあれば、独自の解釈が含まれつつも心にすっぽり落ちてくるものもある。
「オレオレ定義」なんて言われたりする、狭い心から生まれるものもある。

「机とは」ってお題に対して「本を読んだり、文字を書いたりするための台」って答えだと、「まあ、そうかな」なんて思うけれど、
「知性を殴打する万華鏡」とか「地をはうイリーガル名刺交換」とか言われると、「ねえ、それって定義?」って言いたくなる。
そんな定義聞いたことないから、平和ですよね、いや、全く。

そう、たまの更新でも、このブログは支離滅裂。

ちなみに、このブログの立ち位置は、どこでもない。
たまには、上手に「○○とは、デザインの中に生まれる微分方程式の特異解」とかそんなことを言ってみたい。

「立ち位置がない」とは言いつつも、「良い定義だ」と感じる基準はあるようだ。
今回、たまらない定義を見つけた。「唐揚げ」の。
何がたまらないか、というと、それは僕の辞書には(辞書なんかじゃないけど)、決定的に欠けている要素なんだけど。

一言で言うと、「愛」

下記のリンクを見てほしい。
唐揚げとは|日本唐揚協会
唐揚げとは、食べると幸せになる食べ物です。


注意すべき点は「唐揚げは、食べると幸せになる食べ物です。」となっていないところ。あくまで「唐揚げとは」
ちなみに、ちゃんとした定義のページもある。
唐揚げの定義|唐揚げとは|日本唐揚協会

でも、僕は前者のページの方が良いと思うのです。
たとえ、「食べると幸せになるからカレーも唐揚げなの?」なんて言ってくる無粋な輩が、世の中の大半を占めたとしても。
より強い愛が感じられるから。

全ての言葉は、それを愛している人が定義すればいい。
そうすれば、世界はもう一段階平和になるだろう。
真面目に読めば読むほど、笑えるのもポイント高いし。



タグ:新解釈
posted by MoThy at 17:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | カ行
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック