2008年07月10日

うそこメーカーとは

今さらだけど、僕の辞書だから、僕の好きなものも載せておかないとな、と思う。

だいぶ前から『うそこ』とつくシリーズが好きだった。
一番初めにはまったのが

うそこ日記

一日一回コンスタントに更新される、短文のネタ。
だけど、そんじょそこらのネタとは一線を画する出来。
見つけたのは2006年の春くらいだと思うが、それから先、ほぼ毎日チェックしている。
できれば、シュールなんていう使い古された言葉なんかでくくりたくない新しさが、まだあると思う。

さて、サイトを見ていると少しずつコンテンツが増えていった。
はじめに気づいたのは

うそこ大学

本当に学生になろうかと思った。
と思ってみていたらこんなページを見つけることになる。

合格者発表

素敵だろ?

そんな『うそこ』が脳内メーカーで大ブレイク。

nonai

やっぱり、何かちょっと気の抜けた感じの新しさは健在で、またそれが世間に受けるものだと分かり、ちょっと嬉しかった気がする。

そして、うそこメーカーは今もいろいろ作っている。
時に、ちょっとつまらないものもありつつ、それでも全体的にはやはり面白い。

近頃は、カレンダーメーカーが面白かったかも。

calendar

何の根拠もなく、一日の「雰囲気」が書かれたある月のカレンダーが作成される。
ここまで意味もないものを面白くできる才能がすばらしい。

僕がウェブ上で見つけた特筆すべき才能の一つとして、メモしておく。



posted by MoThy at 20:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | ア行

ゆとりとは

ここでいう「ゆとり」とは、「ゆとり教育」って言葉のせいで意味を壊されてしまった例の「ゆとり」である。
「ゆとり教育」ってのを受けた辺りの世代は学力の低下が問題になったのかな?
とりあえず、そんな雰囲気を、拡大解釈したり、強引にこじつけたりして、良い意味が極限まで消えた言葉が「ゆとり」って言葉みたいだ。

でね、何が気になったかと言うと、ネット上で「ゆとりゆとり」と叩かれている人をたまに見るじゃないですか。
確かに頭の悪そうなこと言ってるわけですよ。
でも、その頭の悪さが学力に起因するなら仕方ないよね、とか思うわけです。

学力以外にも重要なもんがあるだろう。
それを「ゆとり」の中に見出そうよ、ってのが「ゆとり教育」の予定だったと思うんだ。
つまり、学力はある種捨てられたんだ。

その捨てたはずの学力が低下していることのどこが問題なんだろう。

学力で判断するなら、どうみても、「低下したら成功」だろ?

喜んでしかるべきだと思うんだ。
学力以外のものをどうにかして計測して、そっちも効果が出ていないってのなら納得してやってもいい。
「計測できた」とか言い出すような頭の悪い人がいれば、の話だけど。
何にしろ、なぜか「学力低下は想定外」みたいな感じになっているように見える。

さて、「ゆとり世代」だと叩かれるべきはどの世代の人なんだろう?

やはり学力が低下した世代か?
それとも、「ゆとり教育」を編み出しておいて学力低下に驚いた世代か?
それとも、学力低下という雰囲気を事実と解釈してしまった世代か?
それとも、学力低下は間違っていると言っている輩か?
それとも、よく分からないけど「ゆとり」って言っとけばよいと思っている奴らか?
それより何より、こんな時代遅れの記事を書いている僕か?

…もういいじゃん、皆ってことで。

そしたら、「ゆとり」って言葉は、誹謗中傷の言葉に困ったとき、相手が何者でも使える便利な言葉になる。
やったね♪

というわけで、コメント欄に是非書いてくれ。
「また、ゆとりが出た」と。
泣いて消す。



posted by MoThy at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ヤ行