2008年06月02日

関数のsupport(supp)とは

今日、ちょっと勉強してたら、

support of the function f (supp(f))

って感じで、突然、ごく自然なことのように、関数のサポートって概念が出てきた。
supportって単語が検索しにくいし、suppももっと有名なsupが邪魔するから、検索しにくくなっている。
そんな理由でメモだ。

ま、ちょっと検索したらWikipedia(英語)で記事が見つかるんだけどね。

supportに関する記事

ちょっと引用すると、

In mathematics, the support of a function is, in general, the set of points where the function is not zero.


さらに引用すると、

More specifically, a support of a function f from a set X to the real numbers R is a subset Y of X such that f (x) is zero for all x in X that are not in Y.


このまま放置するのも微妙なので、僕が雰囲気を訳すと、

ある関数f(X→R)がある時、supp(f)は、Xのある部分集合Yのこと。

で、ある部分集合Yがどんなかというと、若干ややこしい。

このYに含まれない全てのXの部分集合をX\Yと表すと、f(X\Y) = 0となる。

とりあえず、f(supp(f)) ≠ 0 なんだなぁ、とても雅なことよ。
そんな感じだ。

嘘くさいと思われた方は、Wikipediaを自分で訳し、そして、本当に嘘だった場合、
コメント欄で指摘すると、僕が喜びますよ。


posted by MoThy at 23:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | S-Z

2008年05月22日

エリンギとは

エリンギって何だろう?

何を言っているんだ、とお思いになっただろうか?
あの白っぽい寸胴のキノコだろ?と望まれてもいないツッコミをしてしまった人もいるかもしれない。

だが、敢えて言おう。
その答えは二流だと。
足りないものがあるのだ。
足りないものとは何か?

そう、愛だ。

エリンギに対する愛。
それが足りないあなたの答えはどこか空虚で、美味くない。
エリンギが美味くないとはこれいかに?

たとえば、あなたはエリンギについて一冊の本が書けるだろうか?
少なくとも、レポート用紙10枚程度は書けるか?
いや、たぶん、A4の用紙を一枚埋めることも難しいであろう。

無理だろ、普通。
そんなことを思ったあなたは幾分、甘い。

エリンギ

ほら、ちゃんとある。
そして、目次だけでも目を通してみるといい。
特に第一章「エリンギ栽培の魅力」の項目がオススメだ。

目次
(以下、適当に抜粋)

-弾力のあるコリコリした歯ごたえと、くせのない味わい
-大きく、白く、優美な姿も大きな魅力
-最も日持ちがよいキノコの一つ
-エリンギの栽培期間は五六日
-価格は安定
-夏場の値崩れも少ない
-ほかのキノコからの転換も容易

最早、愛だろ?
あの姿が魅力的に感じるレベル。
もう「立枯れ」が憎くてしょうがなくなってきただろう?
原因不明の立枯れなんかに、僕らの大事なエリンギが…。

怒り以外の何物でもない感情。
これを与えたのは、ただの本の目次なんだぜ?

きっと、こういうのが「エリンギとは何か?」という質問に対する正しい答えだと思うんだ。

ま、こんなことしてたんじゃ、会話にならないんだけどね。

蛇足


posted by MoThy at 02:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | ア行
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。